近江ちぢみ 縞 浴衣

型番 UMETO-21
定価 34,000 yen(税込36,720 yen)
COLOR
購入数
-
近江ちぢみ 
水色ぼかし縞


”一度は憧れる、近江ちぢみ、本麻のゆかた”


昨年も大好評だった、
近江ちぢみの浴衣。


皆さんお袖を通されると
まず、着心地の良さと軽さに驚かれます。

着姿は、夏祭りでも
ひときわ際立つ上品な美しさです!



近江ちぢみとは


古より麻布の産地として発展した(近江の国)
琵琶湖の東、湖東地方で作られている伝統の織物。

強い撚りをかけた緯糸を使って織り上げた生地を
仕上げの工程で揉みこむことにより独特の
「しぼ」を出しています。

「しぼ」はその形状から
肌との接触面が少なく、べとつき感もなく、
通気性があり、さわやかな清涼感が味わえます。

この加工法で、
麻の硬さを和らげ
シャリ感と程よい肌さわりが得られます。

呉服専門店でも、近江の本麻を
幅広く品揃えしているお店は少ないのが現状です。

伝統工芸として・芸術品として・希少性も含め
お嫁入り道具として用いられるほどの
価値のある浴衣とされていますので
流行に左右されることなく、
一生物として楽しんでいただけます。



【素材】麻100%
【原産国】JAPAN